相互リンク

SEO対策の相互リンクを紹介する
SEO対策を考える
相互リンクのやり方(なんとなく?)
SEO対策を紹介する善処いたします掲示板
主人の相互リンク募集は質が高く量が多い?
肝心のSEO対策関連なんですが…

ふつうのSEO対策相互リンクです(笑)

相互リンクのやり方?

良いページ内容か見てます??

相互リンクのやり方がなんとなくでは、評価されるSEO対策にはなりません。(大きなお世話かもしれませんが注意することなどを紹介します…)

SEOの概念では、「強いホームページからの被リンクは強い!」ということで評価が決まることがあります。
だからあまりにもライバルの多いキーワードで上位にするのは不可能とさえ言われます。
そんな良い内容で強いホームページと相互リンクができるやり方などは存在するはずもなく、99%以上の人は、ページへのSEO対策をやらないことになる〜〜

ちなみに、こちら不可能ではありません。が、それには膨大なお金とか人手、もしくはお時間が必須となります。(これはない!)
でも、1000万ページ中1位とかなら大丈夫、狙える。
(家庭教師でもどうだい?だとか評価が超えたら〜ご臨終だが…)

こちら無料だからでしょうか、このようなSEO対策には「相互リンクのやり方がなんとなく…」でやってしまいますがこれはよくないのです。 

ただし、「適当になんとなく」やらなければ良いわけ(笑)

情報を紹介します! 最初にサイトの全てが良いページ内容か見てください。うまくいけばこれだけで、同じ相互リンクのやり方でも他の数十倍の効果を出し得ます。

詳しい内容ですが・・・まずはそのページで、あなたが順位を上げたいキーワードを洗い出します。 (1,2個がベスト)
これは、「何というキーワードでリンクしてもらうか」が極めて重要だから〜
[こちらは良いページ内容です⇒ キーワードやリンクについて説明/]

それがSEO対策なら評価が良い場合がありますが…はっきりとキーワードを決めないとダメですよ。 やり方としては、「SEO対策」と「相互リンク」がそれだとしましょう。
こちらの場合、ページの内容がこれではダメですよーーとなります。少なくともベストではない。

なぜなら、上記例だと「SEO」「対策」それと「相互」「リンク」と見られるのです。こちらの内容で言うと、、、
つまりこれでも4つ…(笑)

上記例だと、パワーの分散が著しく思うように順位は上がりにくい。前述のように、はっきりとキーワードを決めることが肝心になります。
評価として見られるので〜出来るならば、「SEO」と「リンク」のように1,2個がベスト!
(もちろんそのページの内容にもよります。 4つとも同じように大事ならそこまで決める必要はございませんのよ^^)

ただし、その4つがあまりにもライバルの多いキーワードであれば、相互リンクは思うように行かないことだけは覚えておいてくださいね。
(最新の情報でも評価が上がらないということ!)

リンクに関係する〜サイト内の全てが良いページ内容か? 
注意して見てください。


ご自身でSEOに強いホームページを豊富に構築されてる人や、有名な会社でない限り、相互リンクと言うのは赤の他人のサイトなどに頼むやり方になります。

そこで肝心となるのがその相手先ページの分析です。それからキーワードやなんかを変える… (これは普通ではないやり方となります。)ページの内容をよくみて相手先によってきめ細かく気を遣って変化させる方法です。

あなたが強めたいキーワードが「〜家庭教師」だとしましょう。当然のことながら題名に含まれてたり、文中にたっぷり出現するホームページを相手先に選ぼうとするでしょう。 それは正しい。関連性が高いもの同士ほど効果が出やすいですからね。サイトでは基本的に重要です。

しかしだ、キーワードがたくさん出現するからといって、必ずしも評価の良い〜強いホームページとは限らないのだよ。

まず手っ取り早いのはその順位調べ。高ければ当然のことながら強いホームページだ。難解となるのは、それほど高くない場合だ。 そこで力を発揮するのが「キーワード出現頻度解析」
これって、どのキーワードがどのくらい出現しているか見るのに便利ですが、たくさんあるからいいとは限りませんのであしからず…

ただし、他のキーワードに対しある程度の量が入れられている場合は強い可能性があるわけ。
さらに、そのサイト内の各ページに関連性があるかどうか?言い方を変えれば、TOPページのメニュー・リンクを見れば良い!あなたが自分のサイトで強めたい内容である「家庭教師なんとか…」が何個も出てるかな?

そういった諸々を分析したら赤の他人のサイトに相互リンクを頼みましょう。重要なのがホームページの題名、そして掲載するページの紹介文章となります。

題名ですが、あなたが強めたいキーワードを含めるのは言うまでも無いでしょう。「家庭教師」ならそれそのものっ!もちろん紹介文章内にも入れます。
そしてここで注意するのは、それ以外のキーワード。
私の場合だと、「SEO対策の相互リンクを紹介する」という良い情報?!のページで、こちらが本物の題名ではありますが、後半の文章が邪魔だ(笑)
もちろん、これらも強めたくないわけじゃないし評価に関係しますから、こちらダメな例ではありません。

ただし、これは人が見ることは考えてません。人が見た場合はよくない題名となってしまう可能性があるでしょう。 こちらのページで説明しているのは、あくまでも、SEO対策として強めるためのやり方だ。(リンクとしてページ内容を良いものにする場合のね)
それと相手先がもし、「相互リンクのやり方」ってキーワードのみ強い場合。(その他が弱弱) そういった時はそれのみを強めたい。とにかくテーマを絞って…

このようにし、相手先によってきめ細かく変化させましょう!

これで終わってしまったら甘いぜよ(笑)
随時、相手先のサイトそれぞれのパワー調べをして行きましょう。
ここのページ「相互リンクのやり方?」を例に出せば、、
[ 相互リンク link:http://sslink.info/sly.html ]
Yahoo!検索エンジンにて↑この[]内を調べれば、ずらっとホームページが出てきます。

ただし、覚えておいてほしいのは、これはリアルタイムではありませんと言うこと。 また、Googleでは表示されません。Yahoo!検索エンジンのみであることも忘れないように!

あまりにも評価が低い場合、その相手先とは何らかの相性が悪いのかもしれません。このようなサイトでは、相互リンクの解消も含めその他のやり方を考えましょう。
逆に評価が高く、強いパワーを送ってくれてる場合は、よりお返しをしたりしましょう。私はいつもそうしてますよ。

あと、こちら随時やらないと意味がありません。変わっていきますからねぇ〜(Yahoo!検索エンジンは)

疲れたでしょ!(笑)まだまだ〜〜〜
評価をする家庭教師は厳しいのよっ!

内容を考えると・・・SEO対策の初級の人は特にそうですが、見た目が超立派なサイトにある相互リンクの募集ページだと惹かれるでしょう。
有名なサイトなど、見た目(ページ数とか…)で決めてしまうあなたの気持ちはよくわかります。

まぁ、あなたにとって見た目とページの内容が両立されていればベストな相手だね。
しかし、ページ数の多いサイトには要注意!!
理由は一つ。その手のやつでパワーを大きめに出すのはTOPのページのみだったりする。(まぁせいぜい数ページのみだ)

相互リンクでサイトのTOPページに載るのなら良い。でも、9割がた載らない…… あなたのホームページが紹介されるのは、中のほうのページだ。(笑)
それでもまぁ、有名な会社などの強いホームページなら、サイトの中のページまでパワーを出すけどね。半分以上はそうでもないので要注意。
上で書いた、「相手先それぞれのパワー調べ」を忘れないでください!

こんなとこでしょうか、評価が良い?!相互リンクのやり方。。
とにかく〜、無料だからといって「適当になんとなく…」やらないことですよ、SEO対策を考える相互リンクではね。
確認してみることをおすすめします★

情報として『SEO対策の相互リンクを紹介する』が、なんだかよーわからんホームページ〜〜というあなたは……
☆主人によるサイト内容の紹介☆ 』へ
〜『 リンクたちのパワーを出す!


Copyright (C) sslink.info